法律系ライターあさきみえの日々雑感

ライターとしての実績やライターとして日頃思ったり考えてたりしていることが中心です。

カテゴリ: 演奏会レポ

今日は、半年ぶりくらいに
本格的なマンドリンのコンサートへ。

行ってきたのはこちら。
鈴木静一の個展演奏会@東京オペラシティ。

image

その名の通り、著名なマンドリン作曲家の
鈴木静一作品ばかりを集めた
珠玉のプログラムとなっている。

オペラシティに行ったのは何年かぶり。
(前回行ったときはまだ独身の頃)

うちの団体の演奏会チラシを挟ませてもらい、
演奏も聴いてきた。

舞台上の人数が約150名と、
ものすごい人数のオーケストラ。
ベースが9本も並ぶなんて
プロのオーケストラでも見たことない。。

特に素晴らしかったのは
終曲の「朱雀門」。

この曲は、終始ナレーション入るという
一風変わった曲。 


舞台は古い京の都。
主人公は朱雀門で「鬼」に出会い、
あるものを賭けて
すごろくの勝負を挑まれる。

賭け事は好きではないと言って
勝負を断ろうとするが、
「鬼」は自分が負けたら
絶世の美女、渚を引き渡すという。

どうしてもその女性を手に入れたくなった
主人公は、勝負を受けて立つことに。

最初こそ不利な状況に立たされていたが、
後半は逆転して見事鬼に勝利、
主人公は渚との暮らしを始める。

ただし、100日間は
渚に手を出してはならないという
「鬼」との約束があった。

が、80日めにして、
ついに主人公は禁断を破ってしまう。

その瞬間、渚が異様に
やせほそっていくことに気がつく。
渚の姿が爪先から消え始めていたのだ。

最後は、ひとすじの透明な水となって
渚は完全に姿を消した…

渚を失った主人公は、絶望のあまり
あてどなくふらふらと彷徨い歩く。

たどり着いた先はあの因縁の地、
朱雀門だった……


ストーリーとしてはこんな物語。

ナレーターの男性の迫真せまる演技に、
思わずぞくっとしてしまう場面が
何度もあった。
あれはまたぜひ聴いてみたいし、
自分でも弾いてみたい。


しかし、「妙心寺」だの
「北野」だの「北大路」だの
聞き覚えのある地名が出てきすぎて
思わず反応してしまった(笑)。

 

19日、大学時代に在籍していた
京都大学マンドリンオーケストラ
第54回定期演奏会に行ってきました。

諸事情により、ホールの中で聴けたのは
第2部の2曲めからでしたが。。

今回の演奏会、一番注目していたのは
指揮者の彼。
(高校のクラブの後輩だからということも
ありまして。)

彼のタクトの動きを見ていると、
要所要所でオーケストラに
どんな音を出してほしいのかが
手に取るようにわかる。

「ここはキビキビした雰囲気で」
「ここは弾いているのか弾いていないのか
わからないくらいの小さな音で」

…など、言いたいことが伝わってくる。

また、彼に呼応しようとするオーケストラも
素晴らしい。

特に、終曲「英雄葬送曲」では、
片時も目を離すまいと、
必死に指揮に食らいついている奏者が
何人もいた。

終盤で、涙する奏者の姿も。。

指揮者と奏者の信頼感。
それが一番現れていた曲だったと思います。

私も「英雄葬送曲」を弾いた当時のことを
いろいろ思い出したり。

終演後に会った3年生の後輩くんも
「今までで一番の出来だった」と
満足そうな顔で話してくれました。

私もここで4年間過ごしたから、
1年かけて曲を創り上げてゆく
定演までの道のりが、
いかに大変かということは熟知しています。

それだけに、やはり感動は大きかったですね。

私も後輩たちに負けずに、
来年6月の演奏会に向けてがんばろうという
思いを新たにしました。

マンオケのみなさん、
本当にお疲れさまでした。
いいものを見せてもらいましたよ
image

12/5(土)、プレストに助っ人出演してもらった
Mさんの所属する
リベルテマンドリンオーケストラの演奏会に
行ってきました

で、勝手にレポします

プログラムの中で特に印象に残ったのは
「六花」と「ヘリコプリオン」。

「六花」というのは雪の結晶を意味する
そうなのですが、曲のどあたまが、
いきなりミュートでヘッド近くの弦を弾く
ピキーン!という音からスタートという斬新さ。

その後も、マンドリンやギターでこんな技が
できるのか!!と驚きの連続。
曲の展開も全く予想がつかず。

「ヘリコプリオン」は、古代にいた
電動丸ノコギリのような歯をもつ鮫のこと
らしく。。
その印象どおり、勢いのあるパッセージで
曲はスタート。

大海原で荒れ狂う鮫のごとく、一貫して
激しい曲調が続く。
いろんなパートからいろんな音が聴こえてきて、
一見無秩序で崩壊しかかっているかように
見えるけど、指揮できちんと統率がとれている
という、なんとも不思議な曲でした。

どちらも、まさに現代音楽!という印象。

オケの人数は、うちの団体より
ちょっと多いくらいなのに、ひとりひとりが
上手いのか、人数以上の音量のように
聴こえました。
いろんな意味で目が醒めました。。(笑)

Mさん、お誘いいただき
ありがとうございました

私も練習がんばりますimage

このページのトップヘ