今月は自分の限界にチャレンジすべく、
仕事をどんどんお引き受けしていたら、
なぜか図ったかのように
同じようなタイミングで
いろんなところから修正依頼が来て、
わりと大変なことになっている昨今。。

感じるようになってきたのが
クオリティと時間のジレンマ。

クオリティを高めようとすると
もちろんその分時間がかかる。
 
しかし、どの案件も
納期というものがもちろん存在するので、 
リミットを超えてクオリティを
追求することはできない。
(深刻な信用問題にかかわるので)

「6割の出来でもいいから
早く納品するほうがいい」
とおっしゃる方もいるが、 
スピードよりも
やはり私はクオリティにもこだわりたい。

誤字脱字がないのはもちろん、

「〜です」「〜ます」が続いていないか。
「◯◯の□□の××」というように
「の」が連続していないか。
文章が長すぎないか。
文章の流れはスムーズか。

など、読みやすさや文章の美しさには
とことんこだわっているつもりだ。

もちろん、書き始める以前に、
リサーチにも時間をかけている。

この半年近く、
クオリティ重視でやってきたので
そろそろスピードアップも
はかりたいところではあるが。。

でも、やはりクオリティに
重きを置きたいかな。