法律系ライターあさきみえの日々雑感

ライターとしての実績やライターとして日頃思ったり考えてたりしていることが中心です。

法律系やビジネス系を中心に記事の執筆・編集を手掛けているライターです。
ポータルサイトでのコンテンツマーケティング記事のほか、メディアでも記事を執筆中。

独立してから、早くも半年。

仕事が途切れることはほぼないものの、
いかんせん独立するまで
ライター業や編集業の仕事なんて
まったくやったことがない私。

やることなすことすべてが手探りで、
「これでいいのかな?」と
どことなく自信がない状態が続いていた。

しかし、とある方との出会いにより
自分の書く原稿のクオリティに
自信が持てるようになった。

その方は、今までの実績を
少しお見せしただけで
私のポテンシャルを見抜き、
いろいろアドバイスをくださった。

「ライトなジャンルが苦手」という話もすると、

「誰でも書けるようなものは、
 書かなくていいです」

ときっぱり断言してくださった。

そのおかげで、苦手なジャンルなお仕事を
断る勇気が持てるようになったし、
その方が認めてくださったことが
何より自信になった。

「これでいいんだ」と思えるようになり、
自己肯定感もアップした。

その方とメッセンジャーなどで
少しやりとりしただけでも
いろいろ学びや気づきがある。

その方とお話をしていく中で、
セルフイメージもどんどん上がってきた。

その結果、自分の中で
今何が起きているかというと、
「いらないもの」を
どんどんそぎ落とすようになった。

「モノ」にとどまらず、
人間関係ですらも、
「断捨離」していっている。
 
セミナーや交流会も、
自分の気持ちが向くものや
何か自分にとって
学びのあるもの以外は
もう参加しないと思う。

これからもどんどん
「いらないもの」をそぎ落として
どんどん身軽になって、
本当に価値を感じるものや人だけに囲まれて
生きていけるようにしたい。

今月は自分の限界にチャレンジすべく、
仕事をどんどんお引き受けしていたら、
なぜか図ったかのように
同じようなタイミングで
いろんなところから修正依頼が来て、
わりと大変なことになっている昨今。。

感じるようになってきたのが
クオリティと時間のジレンマ。

クオリティを高めようとすると
もちろんその分時間がかかる。
 
しかし、どの案件も
納期というものがもちろん存在するので、 
リミットを超えてクオリティを
追求することはできない。
(深刻な信用問題にかかわるので)

「6割の出来でもいいから
早く納品するほうがいい」
とおっしゃる方もいるが、 
スピードよりも
やはり私はクオリティにもこだわりたい。

誤字脱字がないのはもちろん、

「〜です」「〜ます」が続いていないか。
「◯◯の□□の××」というように
「の」が連続していないか。
文章が長すぎないか。
文章の流れはスムーズか。

など、読みやすさや文章の美しさには
とことんこだわっているつもりだ。

もちろん、書き始める以前に、
リサーチにも時間をかけている。

この半年近く、
クオリティ重視でやってきたので
そろそろスピードアップも
はかりたいところではあるが。。

でも、やはりクオリティに
重きを置きたいかな。 

先日、娘と2人で渋谷に出たときのこと。

渋谷での用事の前に
別の場所で用事があり、 
渋谷での予定までの1時間ほどを
どこで過ごせばよいのかと
思案していたところ、
こちらの施設を発見。

NHKスタジオパーク


渋谷駅から徒歩15分ほどと
ちょっと遠い場所にある。
坂道を登らなければならないのが
少々つらい。

しかし、入場料が大人200円という
破格の安さ。
(受信料でまかなっているのだろうか?)
子供(18歳未満)は無料。

なので、親子連れでも
格安で遊べる施設なのだ。


中では、ガラス越しに
スタジオの見学ができたり、
image

「おかあさんといっしょ」などの子供向け番組を
テーマにした遊び場があったり。

image
image

NHKといえば忘れてはいけないのが
大河ドラマ「真田丸」。

真田丸をテーマにした展示ものも
ちゃんとあった。

入り口では、真田家の
この兄弟がお出迎えしてくれたり
image

六文銭の兜をかぶって
豊臣秀吉の正室である
北政所(きたのまんどころ)様と
ご一緒に写真が撮れる
撮影スポットがあったり。
image

全体としての規模は
こじんまりしていたものの、
大人も子供もけっこう楽しめる施設だった。

時間の都合上
あまりじっくり見られなかったので、
今度はちゃんと時間をとって
ゆっくり見てまわりたい。
 

このページのトップヘ