法律系ライターあさきみえの日々雑感

ライターとしての実績やライターとして日頃思ったり考えてたりしていることが中心です。

法律系やビジネス系を中心に記事の執筆・編集を手掛けているライターです。
ポータルサイトでのコンテンツマーケティング記事のほか、メディアでも記事を執筆中。

だいぶ時は遡りますが、
3月19日、今話題の「檻の中のライオン」の著者で

弁護士の楾(はんどう)大樹先生による、憲法のお話会に参加しました。

(楾先生について詳細はこちら

29388662_1658041607623062_4799836093144891392_n (1)


いちおう法学部出身なので、憲法の中身は

当然知ってる(成績もAだったと思う)。


数年前に行政書士の試験を受けたときにも

試験科目だったから勉強した。


…のはずだった私ですが。


「憲法はだれが守るべきもの?」

「基本的人権って誰からもらったもの?」


など、憲法の根本的な考え方の部分を

問われると、案外わからないもの。


楾先生は、憲法を「檻」、権力を「ライオン」にたとえて
本来の「檻」と「ライオン」のあるべき姿や
現在の状況についてパペットを使って
わかりやすく説明してくださいました。

29387093_1658041640956392_7573306607447048192_n


本来は私たちが檻を作ってライオンを

閉じ込め、ライオンがこの檻から出ないよう約束したはず。


なのに、現政権は


檻の中が見えないようにカーテンをつけたり

(特定秘密保護法の成立)、

やわらかい檻に作り替えたり

(憲法改正の発議の要件を緩和)、

いざというときは中から鍵を開けて外に出られるようにしたり
(緊急事態条項の創設)、


と、だんだん檻から出て好き勝手に暴れようと

しています。


法案の審議をロクにしないで強硬採決したり、

臨時国会の開催を求められても開かなかったり、

臨時国会を開いたと思ったら衆議院をいきなり解散したり、

公文書を総理の答弁に合致するように偽造させたり、、、が最たる例。


もし、このまま野放しにしておくと
将来私たちのほうが檻に閉じ込められてしまうときが
来るかもしれません。
このように・・・

29365454_1658041687623054_184741979513421824_n


楾先生は、憲法の条文を旬の時事ネタに

からめてわかりやすく説明してくださるので、

今日の2時間で憲法の理解が深まりました。


また、同時に自民党の改正憲法草案の

おそろしさも。


憲法は、赤ちゃんからお年寄りまで

すべての人に関わる法律。


政府が憲法の決まりを無視して暴走し、

憲法改正のための国民投票が秒読み段階に

なっている今、もう「知らない」では

すまされません。

国のやっていることすべてを疑い、

本当に正しいことをしているかどうかを

絶えず考えてチェックすることが、

国民一人ひとりに求められていると思います。


29389482_1658041747623048_2639648279775674368_n

最近、ある同業の方から久しぶりに連絡があり、
やり取りをしていく中で、
ライターの報酬相場についての話になった。

たとえば、弁護士や社労士、行政書士といった
士業の方であれば、ある程度その業界で
報酬の基準のようなものがあって、
それに基づいて個々に報酬を定めているのだと思われる。
(注:あくまで私見)

ライターのお仕事に関しては、
いわゆる報酬基準のようなものは存在しない。
だから報酬設定に迷うライターも多いのではないだろうか。
かく言う私もその一人だ。

一口にライターと言っても、そのジャンルはとても幅広く、
経済系やビジネス系、金融系といった
どちらかというと堅い分野を得意とするライターもいれば、
ライフスタイル系やスピリチュアル系などのやわらかい分野を
得意とするライターもいる。
その他、恋愛・ファッション・旅行・・教育・古美術・
音楽・書評・エンジニア・サイエンス・ITなど
ライターの数だけ専門分野があると言っても
決して過言ではない(と思う)。

おそらく、それぞれの分野にだいたいの報酬相場が存在するのだろうが、
その相場の価格帯というのはかなり広いのだと予想される。


私の専門とする法律分野や経営・ビジネス分野の
ライティングのお仕事に限って言えば、
ここ半年くらいで経験値と自分の力量から
ようやく相場が見えてきた。

なので、新規でお問い合わせをいただいたときには
「これくらいが妥当」というラインで
堂々と交渉もできるようになったと思う。

その報酬は決して安くはないが、高いとも思わない。
しかし、だからといってどこまで報酬を上げてよいものかは
まだまだこれから考えていかなければならないと感じている。

ライターの仕事をし始めて
日々とても感じていることがある。

昔、新卒の頃、4年ほど物流系の会社で
貿易事務の仕事をしていた。

貿易事務には輸入と輸出の
2パターンあり、
(厳密にいえば輸入・輸出・三国間の
3パターンだが)
私が担当していたのは輸出。

商社さん・メーカーさんなど
担当顧客をつけてもらい、
クライアントや港の現場担当者との
スケジュールのやりとりから
通関書類・船積書類の作成 、
船会社へのbooking、
海上保険など必要書類の手配、
船会社に足を運んで
船荷証券のピックアップなど、
さまざまな業務をこなした。

さらに、なぜか一派遣社員の身でありながら
船会社との海上運賃の交渉まで
おこなっていた。

仕向地は1カ所ではなく、
ヨーロッパもあればアメリカもあれば
東南アジア・中国・韓国などさまざま。

それぞれの仕向地により
必要な書類も違う。
さらに、船積のスケジュールも
みんなバラバラ。
 
それらをすべて把握した上で、
常時、手元に10件ほどの進行中の案件を
かかえながら
ひと月あたり30〜50件ほどの船積案件を
さばいていた。

途中、担当顧客が交代になったり
取引先へ出向したり駐在になったりしながらも
ずっと同じ業務に携わっていたため、
この4年で進捗管理能力が
かなり身についた。
 
さらに、貿易の仕事は
タイトなスケジュールの案件が
急に入ってくることもあるので、
それにそなえて
常に予定より前倒しに仕事を進めていた。

その結果、社内外から
「仕事が早くて正確」との評価を
いただいたりした。


ライターの仕事も、
クライアントもジャンルも
内容も異なる案件を常に複数かかえて、
それらの納期をすべて把握しながら
スケジューリングして進めていく仕事。

当然、納期がタイトな案件も出てくるが、
今も前倒しできるものは予定より前めに
案件を片付けるようにしているので、
タイトな案件もなんとか対応できる。
(どうしても無理な場合は
お断りせざるを得ないが)

こう見ると、どちらも
進捗管理能力が問われるという点で、
ライターと貿易事務って
全く違う仕事のように見えて
実はけっこう似ていることに気がつく。

4年かけて培った進捗管理能力や
心がけが今、とても役に立っているので
社会人になって最初に
貿易の仕事に出会えたことは
非常に良かったと思う。

まだ20代半ばそこそこだった私に
いろいろな経験をさせてくれた
会社にも感謝している。 

このページのトップヘ